BLOG

登記

定款変更による登記簡素化

先の会社法改正により、1人法人株主会社(例:日本親会社100%出資の現地法人等)については、定款に明記することで手続の省略化が可能となります。

  • 決議の簡略化:従来も1人法人株主の場合には、株主総会決議に代えて取締役会の決議とすることが可能でしたが、通常の取締役会決議と合わせて二回の役会決議が必要でした。しかし、今後は定款に明記することで取締役会決議を1回にすることができます。
  • 監査役の非設置:株式会社には取締役が3名以上と監査役が1名以上および取締役会が必ず必要でしたが、定款に明記することで設置しなくてもよくなります。
お気軽にご相談ください

弊社代表は、日本人で唯一の台湾公認会計士(国家資格)です。
台湾でのビジネス展開や M&A をご検討されている方は、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ