台湾進出

現地法人の設立

台湾では外資の対内投資促進のため、法人登記に係る一連の手続を簡素化しています。外国資本で法人を設立する場合には、外国人投資申請を経て、法人登記、税籍登記、貿易登録を行います。

外国人投資申請

外国資本で台湾に法人を設立する場合、経済部投資審議委員会の認可が必要です。ここでは、中国資本の有無や出資割合、外資規制(ネガティブリスト)の抵触に関する審査が行われます。

法人登記申請

経済部投資審議委員会の許可取得後は、資本金額と登記所在地に基づき、所定の管轄機関にて法人登記を行います。

設立の流れ

外国法人による100%出資の株式会社は以下の手順で手続きを行います(特別ライセンスは考慮なし)。社名審査から貿易登録まで約1.5か月を要します。

増資

お気軽にご相談ください

弊社代表は、日本人で唯一の台湾公認会計士(国家資格)です。
台湾でのビジネス展開や M&A をご検討されている方は、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ