よくある質問

お客様からよくいただく質問を
おまとめしました。

Q
初回相談は無料ですか?

はい、初めてのお客様に限り、初回30分は無料でご対応させていただいております。お電話でもメールでもお気軽にお問い合わせください。

Q
月単位での契約は可能ですか。

はい、できます。詳細は料金案内をご覧ください。

Q
地方の会社のコンサルティングも対応可能ですか。

はい、地方の企業様にはテレビ会議や電話、メールをメインにお打合せさせていただいております。必要に応じて出張もいたします。

Q
台湾拠点のローカル従業員とのコミュニケーションをお願いしたいのですが、可能ですか。

はい、できます。現在、ご契約いただいている顧客企業様の中には週一回、弊社-日本本社-台湾子会社の三者で定例の電話会議を開催しています。事前に討議項目と会議終了後の議事録を共有することで、双方の理解に齟齬がないようにしております。

Q
現在、台湾のローカルの会社と取引をしていますが、細かいニュアンスがうまく伝わらず双方に誤解が生じていますが、サポートしていただけますか。

はい、できます。台湾の商習慣や社内政治についても知見がございますので、言葉のコミュニケーションだけでは理解しにくいニュアンスもくみ取りながら問題解決に向けたサポートが可能です。

Q
「小回りが効く」「対応が早い」という印象ですが、何か秘訣があるのですか?

弊社では、経営において「時間」はとても大切な資源だと考えています。台湾ビジネスを担う顧客企業様の“身近な相談役”として、経営者さまが必要とされている支援を見極め、必要な方向性や実践プランを決定します。「会計×中国語×中華圏での勤務10年超」があるからこそご提案できるコストパフォーマンスだと考えております。

Q
人事労務の相談や登記手続の代行もお願いできますか。

はい、できます。台湾には、日本のような司法書士や社労士は存在しません。登記手続や社会保険、雇用契約、就業規則の届出は会計士と弁護士が取扱います。

Q
一般のコンサルティング会社と何が違うのですか?

弊社の代表は自らが中華圏で10年超の勤務経験のある、日本人唯一の台湾公認会計士です。ビジネスの共通言語は会計です。大手監査法人での豊富な経験を有し、専門家×通訳×現場感覚を併せ持つため、非常に効率よく問題解決の糸口を探すことが可能です。一般のコンサルティング会社では、通訳者と会計、人事労務の担当者が分断しているため、時間とコストが余分にかかるうえ、俯瞰的にアドバイスすることが比較的難しい傾向にあります。

Q
顧問契約を結ぶと、どのようなコンサルティングをしてもらえるのですか?

お客さまの状況によりますが、顧客企業様にヒアリングしたうえで、その時点で最も必要な対策から順番に実施していきます。ご要望に応じて、経営会議への参加や、台湾拠点の現場担当者との連絡業務、規程作成支援や翻訳、業界情報の調査も行います。また、他社様の事例を踏まえた全般的な経営アドバイスも可能です。

Q
こちらからの要望に対して柔軟に対応いただけますか?

当社の強みは、臨機応変に対処できる「フットワークの良さ」と「柔軟性」です。LINEやSkypeを利用し、台湾と日本間の三者会議のコミュニケーションサポートを行うほか、日本本社の監査要請により台湾子会社(支店)に出張代行することも可能です。業務内容に応じた個別の見積もりも作成いたします。

お気軽にご相談ください

弊社代表は、日本人で唯一の台湾公認会計士(国家資格)です。
台湾でのビジネス展開や M&A をご検討されている方は、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ