台湾人事労務

董事と総経理の兼任

「報酬」と「酬労」

台湾では、役員報酬を中国語で「報酬」または「酬労」と呼びます。いずれも役員報酬ですが、定額型のものは「報酬」とし、業績連動型のものは「酬勞」として区分しています。

役員報酬の必要手続

「報酬」と「酬労」は、いずれも役員報酬に該当しますので定款に明記するか、株主総会で決議することになります(会社法196条)。総額決定後の分配額は董事会にゆだねることも可能です。

董事と総経理兼任時の報酬

日系企業の台湾子会社では、董事(役員)が総経理を兼任するケースがよくあります。台湾の会社法では、総経理(経理人)は役員ではなく従業員に該当します。したがって、総経理として受け取る金銭は従業員給料と同じ扱いになります。

役員報酬と給料の違い

例えば、董事兼総経理が役員報酬として受け取る場合、定款での明記や株主総会決議が必要になりますが、総経理の給料として受け取る場合には一般の従業員と同様、雇用契約書での取決めがあれば十分となります。授受する金銭が給料なのか、報酬なのかにより、必要な手続は異なってくるわけです。

お気軽にご相談ください

弊社代表は、日本人で唯一の台湾公認会計士(国家資格)です。
台湾でのビジネス展開や M&A をご検討されている方は、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ