BLOG

税制優遇 日台租税協定

日台租税協定②役員報酬

役員報酬の取り扱いについて説明します。

例えば、日本親会社に在籍する者が、台湾子会社の取締役(董事)に任命され、これに係る役員報酬・その他報酬を得た場合、台湾で非居住者であっても、当該報酬所得について台湾で課税されることになります(日台租税協定第16条)。

お気軽にご相談ください

弊社代表は、日本人で唯一の台湾公認会計士(国家資格)です。
台湾でのビジネス展開や M&A をご検討されている方は、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ