BLOG

台湾ビジネス 人事労務

台湾での労働保険の加入について

台湾では労災・就業保険として「労工保険」という制度があります。広義の「労工保険」には①労工保険と②就業保険の二つから構成されます。

原則、従業員5人以上の事業所は、満15才以上60才以下の従業員を対象に、強制加入となっています(外国人従業員を含む)。従業員5人未満の事業所は、任意加入とはなっているものの、うち就業保険の分については強制加入となっていますので、日系法人では人数に関係なく一括加入しているケースが多いようです。

保険料は加入者の月収に応じて等級ごとの保険料が決まります。

加入時期は以下のとおりです。

  • 中華民国籍従業員(台湾人)の場合:就業日即日加入
  • 外国籍従業員(日本人駐在員等)の場合:居留証取得後、即日加入
    お気軽にご相談ください

    弊社代表は、日本人で唯一の台湾公認会計士(国家資格)です。
    台湾でのビジネス展開や M&A をご検討されている方は、
    まずはお気軽にお問い合わせください。

    お問い合わせ