BLOG

台湾ビジネス 人事労務

台湾の健康保険加入とカード申請

台湾の健康保険制度「全民健康保険」は1995年3月1日より発足したもので、強制的社会保険として位置付けられています。
従って、下記に該当する場合には必ず所定の手続に基づく加入・納付義務が発生し、怠った場合には未加入期間の保険料が徴収されることになっています。

【加入義務者】※その他詳細については過去ログをご参照ください。台湾における健康保険の加入時期 台湾従業員を雇用する際の留意点①

  1. 中華民国国籍者(台湾国籍者)
  2. 台湾に居留証を持つすべての外国人(仕事の有無関係なし、学生・主婦も含む)

なお、日系企業等で現地法人を新規設立した場合には、まずは法人が新規適用届を行い、毎月従業員の給与に応じた保険料を納付します(会社負担分の他にも従業員負担分を天引きするケースが多いです)。従業員ならびに扶養者の健康保険カードは所轄の健康保険局または郵送等で申請できます。

申請に必要なものとしては、下記のとおりです。

  • 申請書(添付参照)
  • 2インチの写真
  • 身分証明書(居留証)

その他詳細についてはリンク先のe-bookから日本語版をご参照ください➡https://www.nhi.gov.tw/English/
事業者適用届➡11428_1_2-1健保投保表1051128
保険カード申請➡請領健保卡申請表

お気軽にご相談ください

弊社代表は、日本人で唯一の台湾公認会計士(国家資格)です。
台湾でのビジネス展開や M&A をご検討されている方は、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ