BLOG

台湾ビジネス

租税回避防止条項により台湾企業のEPSが悪化する懸念

一般的に台湾の大企業は海外のタックスヘイブン(租税回避地)において、ペーパーカンパニーとして設立された持株会社を通じて台湾企業の支配権を行使することが多いのですが、現在、立法院で審議されている所得税法第43条3項の改正案(いわゆる「租税回避防止条項」)通過した場合、外国税額控除の適用範囲の制限により税負担が増加することで大手台湾企業のEPS(Earning Per Share=1株当たり利益)が悪化するものといわれています。

お気軽にご相談ください

弊社代表は、日本人で唯一の台湾公認会計士(国家資格)です。
台湾でのビジネス展開や M&A をご検討されている方は、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ