BLOG

台湾ビジネス

越境EC in 台湾~課税ポイントQ&A(2)

最近、個人レベルでも人気の高い越境ECについて、抑えるべきポイントをまとめました。シリーズでご紹介していきます。

質問
越境ECのメリット、デメリットを教えてください

回答
メリットとしては、低コストで海外市場にアクセスできることでしょう。従来は、現地の代理店や自社で設立した海外支店を通じた販促活動しかできませんでした。しかし、越境EC(インターネット上での海外販売)では、代理店への手数料や支店運営費等の固定費を負担することなく、新規顧客を開拓できます。
一方、デメリットとしては、販売先現地の法規制に関する知識が求められるという点です。最近は各国で越境ECに関する課税制度が整備されており、原則、販売先の現地国で課税されるケースが多いです。

お気軽にご相談ください

弊社代表は、日本人で唯一の台湾公認会計士(国家資格)です。
台湾でのビジネス展開や M&A をご検討されている方は、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ