BLOG

台湾ビジネス

台湾大手機器メーカー、日本でM&A

台湾大手産業用機器メーカー、日本でM&A(2017年2月14日付日経新聞より引用)

日立・GE・フィリップス等を顧客に抱える台湾産業用コンピューター大手の研華が日本でM&Aを行ったとの記事がでていました。

台湾での政権交代(嫌中・親日派といわれている民進党)や中国本土での経済環境の悪化等を受けて台湾企業は中国依存からの脱却を図っている感じです。台湾経済部の統計によると台湾の対日投資は前年比の15倍とのこと。一方、日本側でも中小企業の後継者不足による休廃業を回避するため、資本提携を受け入れる素地はできつつあるとのことです。

 しかも、統計をみると海外からの対日直接投資額比率の5位(8.3%)となっている台湾!(1位は英国22.5%、2位は米国17.3%)

ここにきて、日台連合が加速しそうです。期待!

お気軽にご相談ください

弊社代表は、日本人で唯一の台湾公認会計士(国家資格)です。
台湾でのビジネス展開や M&A をご検討されている方は、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ