BLOG

人事労務

労使協議が必要となるケースについて

就業規則の作成に際し、労使協議が必要となる項目については、

  • 労働基準法30条(法定労働時間)
  • 労働基準法30条-1(変形労働時間=シフト制)
  • 労働基準法32条(時間外労働=残業)の勤務時間に関する規定
  • 労働基準法49条の女性の夜間勤務に関する規定

が、これに該当します。
その他、労使間で争点になりそうな論点がある場合には、予め協議しておいた方がよいでしょう。

お気軽にご相談ください

弊社代表は、日本人で唯一の台湾公認会計士(国家資格)です。
台湾でのビジネス展開や M&A をご検討されている方は、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ