BLOG

台湾ビジネス

【活動報告】台湾セミナー講師を務めました

3月8日に日刊工業新聞東京本社で開催された台湾進出セミナー「2017年は台湾ビジネスを飛躍させる年に!~法律実務と最新税務情報から戦略的事業展開を図る」でゲスト講師として務めさせていただきました。

http://www.kibanken.jp/nikkanbla/expert/seminer/boshu/entry1205.html

前半は”台湾中国法務を得意とする”リソルテ総合法律事務所のパートナー山口弁護士による、台湾企業との契約締結交渉、契約書作成における注意点などの法務問題の解説。後半は私梅木より、日台租税協定の概要と手続を中心にその他台湾における具体的な税制の内容や節税策などをご説明させていただきました。

特に法律のパートについては、山口弁護士が非常にわかりやすい言葉で親切にポイントを抑えて説明してくれます。私自身も非常に勉強になりました。山口弁護士についてはこちらから:http://y-law.tokyo/

今回取り上げたテーマは以下のとおりです。

・最適な進出形態の判断方法
・契約書の作成方法、交渉を有利に進める方法
・知的財産に対する手当
・債権回収の対応方法
・台湾の税制の概要、源泉所得税制度
・日台租税協定の概要
・台湾進出の形態は税務上どれが有効か
・契約時の節税方法

セミナー終了後はいくつかの個別相談を受けました。

今後は会社ごとの事案を取り扱った勉強会を開催することも検討中ですのでご興味のある方がお気軽にご相談ください。

お気軽にご相談ください

弊社代表は、日本人で唯一の台湾公認会計士(国家資格)です。
台湾でのビジネス展開や M&A をご検討されている方は、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ