中国から台湾への出資制限

中国資本による対台湾投資
  • 台湾では2009年6月30日に中国投資者の台湾投資に関する法令が制定され、従来禁止されていた中国本土からの投資が可能となりました。
  • しかし、他の外国投資と同じ業種が開放されているわけではなく、ハイテク産業を含む一部の業種への投資に制限されています。
  • 中国投資者は原則、「大陸地區人民來臺投資業別項目」(ポジティブリスト)の掲載項目に基づき事業活動をします。
中国投資者の定義

中国の個人、法人、団体、その他機関による直接投資、あるいは第三国の投資先会社(直接または間接的に30%以上の持株を有している、または実質的に支配している場合を言う)を経由した投資を意味します。

間接出資比率30%の意味
  • 仮に香港法人から出資していても、最終株主が中国人または中国法人である場合、以下の計算式により、中国資本比率が算定されます。

計算式:a%+(b%*d%)+(c%*e%)

  • 計算結果が30%未満の場合、一般外国資本と同じ扱いになりますが、30%以上の場合には中国投資の制限を受けることになります。
よくある質問
1.設立形態にはどのようなものがありますか

【回答】子会社、支店、駐在員事務所の三つがあります。

2.子会社設立に要する期間はどれくらいですか

【回答】3~5ヶ月になります。

3.中国投資者に適用される根拠法を教えてください

【回答】大陸地區人民進入臺灣地區許可辦法、大陸地區人民來臺投資許可辦法となります。

4.ポジティブリストはどこで確認できますか

経済部のウェブサイトから確認できます。
http://www.mapect.com/pdf/China_people_visiting_TW_for_investment_industry_other_projects.pdf

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。