董事と総経理の兼任

台湾の役員報酬について
中国語の「報酬」と「酬勞」とは
  • 台湾では、役員報酬を中国語で「報酬」または「酬勞」と呼んでいます。いずれも役員報酬なのですが、定額型(「報酬」)か業績連動型(「酬勞」)かにより、呼称が異なります。
  • なお、従前は業績連動型の役員報酬(「酬勞」)を税引後利益処分項目としていましたが、現在は税制の改訂により全て費用化計上されています。
役員報酬の必要手続
  • 「報酬」と「酬勞」のいずれも役員報酬に該当しますので、定款での金額明記または株主総会の決議が必要となります(会社法196条)。
  • なお、「酬勞」の各役員への分配額は董事会で定めることも可能です。
董事が総経理を兼任する場合

日系企業の台湾子会社では、董事(役員)が総経理を兼任するケースがよくあります。

総経理は従業員!?
  • 台湾の会社法では、総経理(経理人)は役員ではなく従業員に該当します。
  • したがって、総経理として受け取る金銭は従業員給料と同じ扱いになります。
給料であれば株主総会決議は不要
  • 例えば、董事兼総経理が役員報酬として受け取る場合、定款での明記や株主総会決議が必要になりますが、総経理の給料として受け取る場合には一般の従業員と同様、雇用契約書での取決めがあれば十分となります。
  • 授受する金銭が給料なのか、報酬なのかにより、必要な手続は異なってくるわけです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。